もっと知りたい京都の病院
病院検索 特集 特集
 
長寿時代を生き抜く 予防と治療−人生100年時代を生きる− 2020年度 京都新聞医療企画
1.整形外科(1)

【'20年7月】
2.整形外科(2)

【'20年8月】
3.がん

【'20年9月】
4.女性の病気

【'20年10月】
5.救急医療の現場
【'20年11月】
6.長く付き合っていく疾患

【'20年12月】
7.日常気を付けたい病気

【'21年1月】
8.生活習慣に気を付ける

【'21年2月】


5.救急医療の現場
 一分一秒を争う救急医療の現場。脳梗塞や脳出血は、初期対応までの時間で後遺症の度合いや、その後の生活への影響が変わってきます。第5回「救急医療の現場」では、近年主流になっているER型救急と、急性期の脳卒中について専門の医師に聞きました。
京都大大学院医学専攻科 健康増進・行動学分野 准教授 渡辺 範雄 氏
専門の医師がお答えします
武田病院 脳卒中センター 部長 定政 信猛 氏
洛和会音羽病院 救命救急センター・京都ER 部長 隅田 靖之 氏
シミズ病院 理事長 清水 史記 氏
(c) 2002-2020 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.